午睡チェック(ルクミー)の導入

睡眠時に発生することの多い乳幼児突然死症候群(SIDS)

その対策の一つとしてうつぶせ寝を防止することがあげられます。

乳幼児の安全な午睡のために、

当園では固めの専用マットを使用して

布団に顔が埋もれてしまう事を防止しております。

また、午睡時には顔色が見えるような明るさを保ち、

保育士が0歳児から1歳児は5分おきに

身体の向き、顔の向き、呼吸を確認しております。

さらに二重チェックのツールとしてルクミーをつけてチェックしております。

 

IMG_8949.JPG

 

 

このように衣服に装着することで、タブレットによりうつぶせ寝、

身体の向きをチェックし自動記録します。

お昼寝に入る際に一人ずつ名前の付いたルクミーを付けます。

 

IMG_8950.JPG

 

タブレットにて常に一覧で表示され

うつぶせ寝が続くとアラートが鳴ります。

このアラートは仰向けにしないと消えないようになっており

タブレット上では止めることが出来なくなっています。

 

IMG_8951.JPG 

仮に体動が停止すると異常音でお知らせします。

 

 このように保育士の目視はもちろんのこと、

ルクミーによるチェックでより安全な保育園生活をお過ごしいただけます。